« 寄せられた声、「T君 25歳 」    深謝  | トップページ | 一隅を照らす   脇本征男 拝 »

選挙権は全会員に、役員刷新で新公益法人認可へ

株式会社ニチギデータセンターとの契約見直し

現在の社団法人日本歯科技工士会役員選挙には大きな問題があります。
会員全員が投票権を持てる選挙規則に見直し、広く会員の意見をもとめ、民主的組織構築のため、抜本的に改善致します。

新法人法に基づいて、平成20年(2008年)の12月1日より公益法人制度改革関連3法(一般社団財団法人法、公益法人認定法、関連法案整備法)が全面施行されました。
これにより現在、社団法人日本歯科技工士会は特例社団法人となっています。
平成25年(2013年)11月までに、一般社団法人・公益社団法人のいずれかに移行するか、解散することとなります。
日技は業界内最大の歴史ある団体です。代表格としての公益法人が理想であります。
しかし、取得に決定的な難関があります。

旧来からの本会・連盟の「峻別要請」に従っていないことであります。
新法律が施行され、3年も経過している特例期間中にもかかわらず、未だに峻別していないこと等不可思議です。

政治団体と社団法人が峻別されていなければ当然ハードルは高くなります。
ここで役員をすべて刷新し、生まれ変わった組織として行政に提示し、公益法人にふさわしい団体と評価して貰えるよう努力し、再出発する覚悟です。
日技が如何に努力したとしても、公益法人認可は行政の判断です。険しい道のりでありましょうが、私たちは事務的に粛々と進めて行く他はありません。

新しい役員で申請することによって、行政に好感を与えることは明らかで、新公益法人取得への可能性は明らかにアップされるものと私は考えております。
基本的に、帳尻を合わせた付け焼き刃的ねじ込み認可に持ち込むような無理は避け、自他共に認められる真の「新公益法人」として相応しい組織そのものの状態を整えたところで、認可に精を出すこととしたいと考えております。

4月から段階的に移行される、現執行部施策の「技工士会会費新収受システム」は、昨年11月、日技より通知が出されておりますので、会員の皆様はご存じの事と思います。
しかし、この方式にはいくつもの問題点があります。
特に将来は年間推定額で10億円を取り扱う「株式会社ニチギデータセンター」(NDC)という会社が介在しておりますが、その詳細が会員に開示されておりません。

社団法人や政治団体が株主になることはできません。
誰が何の目的で設立したのか。株主、代表者、設立資金の出所、日技との契約内容、等、弁護士や税理士の専門家を交え、徹底的に調査し、事実の概要を皆様に開示し、場合によっては契約内容を見直おすなど、明朗会計、会員資産保全の為に尽くします。
もう一度多方面の意見を聞き再検討し、会員の皆様にとって便利で損のないシステムに変えてまいります。

  1. 社団法人日本歯科技工士会会費
  2. 日本歯科技工士連盟会費
  3. 各都道府県技工士会会費
  4. 各都道府県歯科技工士連盟会費
これまでの問題点はほとんどの都道府県技で4つの団体を一括銀行引落しで、集金し、日技分はまとめて送金となっていました。
口座振替料が節約できましたが、連盟との峻別の問題があり、また、組織内で分別する複雑な会計処理が必要で、担当者の労務は大変でした。

私の改善案では全国の会員はそれぞれ4分割して個別で支払います。この時、一人4件の口座振替料金がかかってきます。
この振替料金はそれぞれの団体が負担します。この方法はもっとも単純で明快な方式です。
公共料金をガス、電気、水道、電話、と分離して支払うのと同じです。振替料は組織が負担する方が、集金業務がスムースになります。

つまり振替料込みの会費と解釈すればいいわけです。
一括振込より経費はかかりますが、峻別問題解決、組織健全化、内部事務処理の軽減、明瞭会計の為の必要経費と考えます。
通常は会員の皆様が支払い易い毎月としますが、金額の少ない連盟会費等の場合は、年1回または2回とします。

振替業務は専門業者、例えばNSS日本システム収納(大同生命関連会社)などと契約します。

日技執行部案の会費徴収システムについて、コスト面から図示します。

Ndchikaku
Ndcikkoubuan

« 寄せられた声、「T君 25歳 」    深謝  | トップページ | 一隅を照らす   脇本征男 拝 »

新公益法人法 公益法人制度改革」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙権は全会員に、役員刷新で新公益法人認可へ:

« 寄せられた声、「T君 25歳 」    深謝  | トップページ | 一隅を照らす   脇本征男 拝 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ